Voice From The Water - Vol.10   >  The Passion


2007.08.05更新

 

重大発表!!の巻

突然ではございますが、重大発表です!!

 

2006年3月にスタートしたNishine Lure Worksですが、遂にこの度、アメリカメーカーのルアーデザインを始める事になりました。

 

その会社とは「FISH HARDER COMPANIES」。

 

って言っても、”フィッシュ・ハーダー・カンパニーズ?何それ?”と首を傾げられる方が殆どだと思いますが、「トゥルー・タングステン (以下TT)」というブランドでこの数年間飛躍的な成長を続けている会社です。

 

Image TT社は2003年設立という若い会社な事もあって、まだまだ日本での知名度は無いに等しいと思いますが、その名の通り、タングステン製のシンカー、ジグ、スピナーベイトなど、高品質な商品が評判を呼び、全米規模で大きな支持を得ています。 

ちなみにTTが抱えるプロスタッフの名前をざっと挙げると、「デニー・ブラウアー」、「ラリー・ニクソン」、「マイク・アイコネリ」、「ピー ター・スリベロス」、「イッシュ・モンロー」、「ジェラルド・スウィンドル」、「ケン・クック」、「ルーク・クラウセン」、「マーティー・ストーン」、「ジェイソン・クイ ン」・・・・・と超豪華な顔ぶれ。

現在のアメリカで最も注目を集め、躍進を続けている会社の一つではないかと思います。

 

TT社については、またいずれ機会があれば詳しく書かせて頂きたいと思いますが、本年度はピカソアウトドアーズ社を買収し、更なる成長を遂げています。

そのTT社がこれから新しくルアーブランドを始めていくにあたって、僕にルアーデザインの話が舞い込んできた次第なんです。

 トゥルー・タングステンHP  http://www.tru-tungsten.com/

 ピカソアウトドアーズHP   http://www.picassooutdoors.com/

 

気になる第一弾ですが、以前に当コラムで少しだけご紹介したスイムベイト(Vol.5、ハローカリフォルニア!! 参照)がTTブランドで発売される事に決定しました。ルアー名は「Tru-Life Swimbait」、発売時期は2008年。

発売までまだ少し時間がありますが(日本で発売されるかどうかは未定)、また何か進展がありましたら続報をレポートさせて頂きたいと思います。

ちなみに、イッシュ・モンローがシークレットでプロトモデルを使用して今年初戦のレイク・アミスタッド戦で6位入賞を果たした事もあってか、 デニー・ブラウアーやピーター・TなどTT社のプロスタッフの間でプロトモデルの争奪戦が繰り広げられているとの事です。

 

 

Image
2008年、TT社より発売予定の「Tru-Life Swimbait」 左からトラウト、ティラピア、ブルーギル。
開発には「イッシュ・モンロー」とサザンカリフォルニア最強のスイムベイターとして有名な「マット・ニューマン」が加わり、納得行くまでとことん作り込みました。
4ピースジョイントのスイムベイトです。
素材やウェイトシステム(重量調節可能)など幾つかの新しい試みに挑戦しています。
 
Image 
 2007年ラスベガス、ICAST会場にて 
左はTT社社長の「ダン・べスービオ」氏 
 
 

この「トゥルーライフ・スイムベイト」が、先日ラスベガスで開催されたICASTショー(アメリカ最大の釣り具見本市)で初お披露目になったのですが、まだ発売にもなっていないのに凄い反響だそうで大変にありがたい話です。

 

スイムベイトが生まれた国「アメリカ」 。

その地で生まれ育ったイッシュやマットがどんなスイムベイトを求めているか・・・・・トゥルーライフ・スイムベイトは2008年、アメリカで泳ぎ始めます。

 

ちなみに、これを書いている今、僕の作業場は6畳ほどの地下室の隅っこ。

あまりのギャップに笑っちゃいますが、カナダの片田舎の薄汚れた地下室で、しかも怪しげな東洋人が作ってるなんて、きっとアメリカ人は想像もしていないでしょう。 (笑)

目の前には洗濯機、横には暖房用のオイルファーネス・・・・・・そんな埃だらけの地下工房でNishine Lure Worksの全ての製品を手作業で作製し、ルアー開発をし、今日もルアーを作り続けています。

 

今回、TT社との架け橋となってくれた友人のイッシュ・モンロー、アルトン・フォーザ、その他大勢のバスプロや友人達。

本当に僕みたいなアンダーグラウンド人間にとってはもったいないぐらい人に恵まれています。

そんな彼らに僕がお返しできること・・・・・それは、もっともっと釣れるルアーを作る事ですよね。

 

この道の先にどんな景色が待っているのか想像もつきませんが、 自分の夢を信じて、これからもルアーをコツコツと作り続けて行きたいと思います。

これからもがんばりますよ~!!

 

 
< 前へ   次へ >